フェイスタウンヘッダー.jpg

■フェイスタウンホームページは こちら

2015年09月11日

災害から学んだ洪水ハザードマップ

鬼怒川の堤防が決壊し、家が流される様子をニュースで見ましたが、
まるで東日本大震災の津波が押し寄せる光景を見ているようです。
記録的な豪雨で甚大な被害を受けた常総市をはじめ、全国で被害を
受けられた皆様にお見舞い申し上げます。

さて、今回の洪水被害で 洪水ハザードマップというものを始めて
知りました。水防法の規定により国・県が作成した河川が氾濫した
場合に浸水が想定される区域を図に表したもので、その区域は
将来 災害に見舞われる可能性が高いということを示しており、
全国で相当あるらしい。
河川の改修工事は莫大な費用がかかるが、人名・安全を守る為にも
早急に取り組んでもらいたいものです。

今回は、自然災害に対し日頃からの危機管理の大切さを改めて感じ
ましたが、一日も早い町の復旧を願うばかりです。




posted by フェイスタウン at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。