フェイスタウンヘッダー.jpg

■フェイスタウンホームページは こちら

2015年09月27日

秋の風物詩十五夜を楽しむ

今日は十五夜、中秋の名月ですが、家族皆で月を楽しむ風習がなく
なりつつある昨今、十五夜の由来を少し調べてみました。
十五夜の意味は、満ち欠けする月の様子や、作物が満ち欠けとともに
成長することから、農作物の収穫、ものごとの結実、祖先とのつながり
を連想し、それぞれに感謝し祈るようになったのが、十五夜だそうです。

お月見の風習は中国の唐の時代の観月宴(中秋節)に由来し、日本には
平安時代に伝わったとされています。中秋とは旧暦8月15日の夜のこと
ですが、7月を初秋、8月を仲秋、9月を晩秋と呼んでいたことから、
この名前がついたそうです。

十五夜というと満月というイメージがありましたが、厳密に言うと必ずし
もそうではなく、本当の満月は今年の場合9月28日だそうです。
ちなみに来年の十五夜は9月15日で、満月は9月17日。振れ幅があるのは
月の満月になる周期が14日〜16日あるからだそうです。

お月見の団子は、これからの収穫を祈り、米の団子を供えたのが由来だそうで、
十五夜はこの時期に収穫される芋をお供えしたことから「芋名月」とも呼ばれ
ているそうです。そしてススキをお供えするのは、稲穂の代わりといわれ、
ススキは魔除けになるとされ、供えたススキを家の軒に吊るしておくと一年間
病気をしないそうです。

日本の風習ってどことなくロマンが漂う物語の世界なんだよね。
でもそんな日本が私は大好きです。文化の発展とともに忘れかけている古来の
伝統や風習を大切にしたいものです。

今日、我が家では健康に感謝しつつお月見したいと思います。









お月見の風習は中国の唐の時代の観月宴(中秋節)に由来し、日本には
平安時代に伝わったとされています。中秋とは旧暦8月15日の夜のこと
ですが、7月を初秋、8月を仲秋、9月を晩秋と呼んでいたことから、
この名前がついたそうです。


posted by フェイスタウン at 13:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。