賃貸戸建てをお探しの方、「フェイスタウン」で、生活騒音を気にせず、マイホーム気分で新生活を始めてみませんか。閑静な住宅街に7棟建ち、近くにはショッピングセンターや教育施設、温泉施設、医院などがあり、生活に不便を与えない立地にあります。

arrow070_02.gif賃貸戸建て住宅のチラシはこちらから
arrow070_02.gifお問い合わせフォームこちらから

お部屋探しの方へ

秋の異動時期を間近に、フェイスタウンでは現在 2棟空き家が
ございます。平屋の戸建住宅なので、隣の生活騒音を気にせず
マイホーム感覚で生活ができます。
ご希望の方は、下記のメールフォームからどんなことでもお問い
合わせください。

https://mailform.mface.jp/frms/tanbo/ojbstlsi0lnf

 さて、五所川原市も世帯数は増加しつつ、人口は減り続けている
傾向で賃貸住宅の戸数は年々増加しております。
都会では低金利の影響で不動産投資が活発で、その背景には
東京オリンピックや、民泊法の改定を見据えた動きもあるようです。
確かに全国的に空き家が注目されてきており、活用法を議論する
ことも多くなりました。インバウンドが増えると都市部の宿泊施設が
追いつかなくなり、民泊への誘導を視野に入れた改正法とも言えます。
 また、様々な宿泊形態が創出されることで、利用者は選択肢が
増え、旅行予算や旅行の楽しみ方がより一層増えて、内需拡大にも
繋がることに私は期待しています。

新民泊法は賃貸住宅の空室対策にも少なからず影響し、新たな
ビジネスモデルが生まれてくるものと思います。
ソフト面に於いて未経験な賃貸経営者が民泊参入する障壁はあるが
今後 ビジネスとして捉えた場合、チャンス到来は間違いなさそう
です。

2016リオオリンピック日本メダル史上最多41個目

南米初開催となる第31回夏季オリンピック・リオデジャネイロ大会は、
8月5日午後(日本時間6日朝)から開幕し、28競技306種目で競わ
れてきました。閉会式は8月21日午後7時半(日本時間22日午前7時半)
から行われる予定で、世界の最大イベントの幕が閉じます。
今大会での日本勢は過去最多となる現在41個のメダル数を獲得しており
お家芸 柔道の復活やレスリング、体操、競泳など数えきれない競技で
健闘していました。
 ちなみに日本の過去の金メダル数最高は16個(リオは12個)で、1964年
の東京オリンピックと2004年のアテネの時に獲得しています。次期開催国 
日本での金メダル数及びメダル総数はかなり期待できそうですね。
今大会は日本からの移住者が多い南米が舞台であり、ブラジル国民も
多くの方が日本を応援していました。
国境を越えたスポーツならではの選手間の友好はとても感動的で、
そこには世界の平和を感じる場面も多々あります。
世界に与えた感動のドラマ  世界が一つになれる舞台がオリンピック
であることを感じました。
前回の東京オリンピックでは、日本の戦争敗戦から復興の姿を世界へ
アピールしたが、2020年の東京オリンピックでは、何をアピールする
のか気になるところです。

民泊ビジネスについて

2020年の東京オリンピックに向けて、訪日外国人がますます増え、
インバウンド対策がとても重要になってきました。
そこで今、注目されているのが新法による民泊ビジネス。
既存の旅館や民宿の許可と違い、法律が緩和され気軽な登録制に
なるようです。
例えば賃貸住宅の空き家を生かして、観光客に利用してもらう
ことも可能となるわけで、少額投資で高利回りの新たなビジネス
モデルとして夢が膨らんでくるわけです。
当然、ビジネスですから集客するための戦略が求められます。
地域の観光資源の強みと、民泊の良さを連動させることで
新たな観光需要が誕生することを願っています。




RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。